大中産業 | 会社概要

大中産業 | 代表者挨拶

 当社は1958年に大中博世司が化学工業全般にわたり、工業薬品類の販売を目的として創業致し、お陰様で60年を迎える事ができました。

 これまで常に時代の流れの先を読み、適確にお客様のニーズに応えながら、国内のゴム・樹脂産業の発展に貢献し、ともに成長して参りました。

 現在では、原料ゴムをはじめ、塩ビ安定剤、補強材、加硫促進剤、老化防止剤など市場ニーズに応じた商品を提供することにより、国内外のユーザーとメーカー双方からの信頼を培って今日に至っています。

 今日さらなるグローバル化の時代を迎え、その新しい化学の時代に、専門商社としてエキスパートな能力が求められています。開発提案できる材料については、豊富な品揃えを行い、さらに幅広い分野での商品化を目指して参ります。そのためには、「品質重視」、「顧客満足」を実現するかがますます重要になってきます。

 今後も、お客様とのネットワークを大切にし、人と人とが強い絆で結ばれた信頼関係を築き、付加価値の高い商材の開発・提案ならびに、きめ細かなサービスの提供に努めて参ります。

大中産業 | 会社概要

社名大中産業株式会社
設立昭和33年1月30日
事業内容ゴム及び、合成樹脂工業等に用する化学工業薬品の販売並びに之に附帯する事業
資本金3000万円
決算期8月末日(年1回・売上高25億円:平成27年度実績)
代表者代表取締役社長 大中奈美
従業員8名
所在地〒105-0013
東京都港区浜松町1丁目12番6号
第一浜松町ビル 4F
連絡先03-3459-4771
FAX03-3459-4777
大中産業本社外観

アクセス

加盟団体 東京ゴム薬品商同業会会員・東京商工会議所会員

大中産業 | 沿革

昭和33年1月大中博世司が化学工業全般に亙り工業薬品類の販売を目的に設立創業。
昭和33年1月30日東京都中央区銀座8丁目に大中産業株式会社を資本金100万円で設立。大中博世司代表取締役就任
昭和42年10月25日資本金300万円に増資
昭和54年7月01日大中邦典代表取締役に就任
昭和57年3月01日東京都港区芝3丁目17番12号(第2Mビル)移転
昭和57年10月15日資本金1000万円に増資
昭和62年10月23日資本金2000万円に増資
昭和63年10月25日資本金3000万円に増資
平成07年09月10日東京都港区浜松町1丁目12番6号(第一浜松町ビル)移転
平成30年09月01日大中邦典代表取締役会長に就任
平成30年09月01日大中奈美代表取締役社長に就任
原料
塩ビ安定剤
補強剤
加硫剤、架橋剤
加硫促進剤
老化防止剤
充填剤
磁性材料
可塑剤
着色剤
難燃剤
軟化剤
高分子添加剤
離型剤・防着剤
接着剤
その他薬品
加工製品